advertisements

カートゥーンネットワーク・アジアのステーションIDの制作にノチウが参加しました。
今回はキャラクターがクリーチャー系という点で、以前よりもフォトリアルスティックな3DCGが求められ、キャラクターを動かすためのセットアップも、より複雑なものとなりました。

北海道のバスケットボールチーム「レラカムイ」の競技場ディスプレイ表示映像の3DCGパートにノチウが参加しました。

ビクトリア「ビクトリーデー」のCMは大地を裂けて出現するタイポグラフです。演出上大量の物理シミュレーションを施さなくてはならなかったので、3DCGソフトウェアに新にプラグインを導入して今回のシークエンスを実現しました。途中、PCのキャパシティーを大きく超えしまい作業が一時中断しましたが、シーンを分割することでなんとか仕上げることができました。こういうときこそ長年の経験が役に立つ時かもしれません。

カートゥーンネットワーク・アジアのステーションIDの制作にノチウが参加しました。キャラクターのモデリングから演出、撮影、マッチムーブ、コッンポジットまで、ほぼ全ての工程にかかわりました。IDの方向性、キャラクターの設定や精度など、途中苦労した部分もたくさんありましたが非常に良い作品に仕上がったと思います。

カートゥーンネットワーク・アジアのステーションIDの制作にノチウが参加しました。キャラクターのモデリングから演出、撮影、マッチムーブ、コッンポジットまで、ほぼ全ての工程にかかわりました。IDの方向性、キャラクターの設定や精度など、途中苦労した部分もたくさんありましたが非常に良い作品に仕上がりました。

コカコーラのCM製作にノチウが参加し、主にモデリングを担当しました。オンエアはデンマーク。制作チームは世界中に点在し、レイアウト・デザインワークはaltitudeの三浦氏が、アニメーションとコンポジットはウクライナのwizardが担当し、750フレーム、17カットを全工程約3週間で完成させました。

世界のアーティストのインタービューを集めたDVD「Salem recharge design」のタイトル制作に参加しました。鳥が羽ばたく姿や蝶が舞う3DCGアニメーションを担当しました。

パチンコ&スロットルビクトリアのイベントCM「激スロ」は毎回激しさがテーマになっています。
スピード感と迫力というクライアントからの要望により、車を題材にすることにしました。回転するタイヤがスロットルのドラムに変化する演出を出発点に2パターン作成しました。

パチンコ&スロットル グーブルパークのイベントCMを制作しました。
亀をテーマにしたシンプルなキャラクターアニメーションを依頼されました。

玉三郎グループの30秒TVCMを制作しました。
これまでにクロマキー撮影と合成の実績から、背景を完全3DCGで制作し、ダンサーをその上に合成するCMを依頼されました。
以前のビクトリアの撮影経験を生かしカメラワークなどは全て3DCG内で行うことにしました。シークエンスの8割は被写体を個別に撮影して後から合成をしました。