advertisements

株式会社日健協サービスのプロモーション制作に参加しました。
同社の商品キャラクターである「こうぼくん」を3次元化し、活躍する様子を3DCGアニメーションで表現しています。
有益酵母菌が糖質を分解する様子を、ヒーローにみたてた「こうぼくん」が糖質を食べるというストーリーを軸に演出を展開しています。

2011年10月8日に行われた「北海道インディーズアーティスト×映像クリエイターMUSIC VIDEO SHOW LIVE!! Produced by オトキタ」で初公開されたminami.による新曲caravanのミュージックビデオの制作に、ビジュアルエフェクト担当として参加しました。

プレスリリース用映像の制作に参加しました。
ソリューションの概要を解説する映像の3DCGパートをモデリング・アニメーションしました。カキワリの様なキャラクターやオブジェクトがストップアニメーションの様に動く効果を再現しました。

NHK北海道の情報番組「INFO-H」のタイトルシークエンス制作にノチウが参加しました。
2Dによるモーショングラフィックですが、パーティクルシステムやエクスプレッションを多用することにより、短時間で制作しました。

AirDoの新航路発表記者会見で用いる3DCGを制作しました。
もともとイラストレーションのキャラクターを3DCGでどう表現するかは、毎回難しいテーマでもあります。このクマのキャラクターは特にしゃべったり、特徴的なアクションがないので、モーションの表現方法をどうするか考える必要がありました。

WOWOWの映画情報番組「Movie on plus」のタイトル制作にノチウが参加しました。
空間を疾走していくモーショングラフィクスの為、3DCGを使用し、厚みや深度表現がされています。なめらかに大きく動くカメラモーションは意外と難しいですが、カメラのセットアップを工夫することにより、うまくスムーズに動かすことができました。

ゴルフトーナメント用番宣の制作に参加しました。

Sapporo Collection用番宣の制作に参加しました。
街中を小さなファッションモデルが歩くというコンセプトを元にビジュアルエフェクトを担当しました。ブルーマットで撮影した、小さなモデルをベーカリーやオフィスで歩かせるため被写界深度を浅くして合成しなくてはなりませんでした。

北海道電力企画DVD「SWITCH ON」の3DCGパートをノチウが制作しました。北海道の情景から、エネルギーを使う家庭のイメージや、発電の原料となる資材の説明カットなど、イラストレーションライクな映像を制作しました。

「どぉーだ!Presents タカトシ牧場」のオープニングタイトルを制作しました。牛乳が製造されるプロセスをアイソメトリックな3DCGで表現しました。